なぜ着ぐるみなのか?

“ブランディング×キャラクター”が鉄則のワケ

キャラクター一覧

数々の企業のブランド構築にオリジナルキャラクターが用いられています。キャラクターを活用することで、会社の認知を広めていくだけでなく、消費者がブランドに対して理解を持つことにつながるのです。キャラクターは会社の「らしさ」を担い、企業や商品のアイデンティティを代弁します。もちろん初めは認知度も低く、長期的に考えることが必要です。人々の心へプラスに訴えかけるようなキャラクターデザインを考案することが求められますが、既に数多い人気キャラクターと被ってもいけません。必要なことは、最低限嫌われる要素のないキャラクターを創出し、世界観を徹底させて数年単位の長期目線でキャラクターを使用していくことであり、そうすることでキャラクターのイメージが、会社のブランドイメージを育てていくことになります。

キャラクターがもたらすもの

認知効果

アイキャッチ、つまり商品を目立たせて売り場で商品をすぐに手に取ってもらうような効果を期待できるのが認知効果です。既に社会的に認知度が大きく、人気も高いマンガやアニメーションのキャラクターを使う場合、この効果を特に大きく見込むことが出来ます。たくさんの商品が並ぶ売り場で、パッと見て目立つ存在にするために、認知効果は必須です。

販売効果

使用するキャラクターの持つブランド力やイメージによって、その商品自体のブランドイメージも高めることができます。特定のターゲットをもつ商品などの場合、そのキャラクターが人気のある世代などに働きかけることができ、口コミ効果や話題性もアップします。「このキャラクターだから買う」というユーザーも多く存在するので、そういった部分の消費を促すことにもなります。

販売促進効果

特別なキャンペーンと平行して使用する場合、キャラクターによってプレミアム感がつき、販売促進に大いに役立ってくれます。売り上げが伸び悩んでいる商品などの場合、特に拡販のためのテコ入れとして役立つ場合が多いです。

イメージアップ

既に展開している商品の売り上げをアップさせたり、拡販を狙う場合にも効果的です。キャラクターと商品がマッチすれば、そのキャラクターのよいイメージをそのままもらって商品にも植え付けることができます。一番効果的なのが、そのキャラクターをただパッケージに使うだけでなく、キャラクター自身が使ったり食べたりしている設定を作ることによって、よりキャラクターと商品やサービスとの結びつきを強く感じるこことができるようにすることです。

ターゲットコミュニケーション効果

商品やサービスを知ってもらうために、難解な説明や長い文章を読ませなくてはならない場合、とてもマーケティングが難しくなってきますが、そんな時にもキャラクターというものは力を貸してくれます。
キャラクターを使って、興味関心を持ってくれたユーザーとコミュニケーションしたり、情報発信役としてソーシャルメディアを使ったりすることで、直接ユーザーと繋がることができますし、そのキャラクターがどの世代に人気があるのかで、ターゲットを絞り込むこともできます。このように、消費者がその商品やサービスを手に入れる前の不安を取り除いてあげることこそ、キャラクターの担う大きな役目だと言えます。

まとめ(キャラクターがブランドを作り上げていく)

人間は視覚的情報を取り入れ、記憶に残します。第一印象で、なんとなく好きかも・苦手かも、と感じるように、キャラクターも初見時に好印象を与えることができれば(最低限不快感を抱かせないデザインであれば)消費者の興味につながっていきます。そういったキャラクターへの興味から、商品や会社への興味へと移行し、選択の場に立たされた消費者がキャラクターで選ぶ、即ち企業ブランドで選択することになるのです。すぐに効果が現れるというものではありませんが、キャラクターを作ることで、長期的に企業のブランドイメージを作り上げ、消費者に選択される企業へと成長していくことになります。キャラクターはビジネスにおいて大変重要な役割を担っているのです。

引用元:こんなに効果的!企業がキャラクターを使うメリット(CrowdWorks

“ ブランディング ×(キャラクター + 着ぐるみ)= 最強 ” の理由。

ページ:
1

2

3

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る