なぜ着ぐるみなのか?

「なるほど。ブランディングについてはわかったけど、ん、着ぐるみ?ぶっちゃけ効果はどうなの?」という方のために、『参考事例』をもとにお話しさせて頂きます。

“ ブランディング ×(キャラクター + 着ぐるみ)= 最強 ” の理由。

最強たる所以とは、着ぐるみは人々の心(ハート)にアプローチするアイテムだからです。その圧倒的な注目度で見た人々を笑顔にし・盛り上げ・和ませる力があります。着ぐるみが持つ力は、みなさんが思っている想像をはるかに超えるものかもしれません。それでは順を追ってご説明させて頂きます。

《参考事例》ホルモン酒場様の場合

ご紹介させて頂くのは中国で日式焼き肉店を14店舗展開(2016/07現在)しているホルモン酒場のホル吉君です。今後も店舗を増やしていくにあたり、キャラクターのブランディングに力を入れていきたいというオーナーのご依頼により着ぐるみを製作するはこびとなりました。

design_01

O2O(オンライン・ツー・オフライン)でも力を発揮!ホル吉のプロモーション
《ホル吉のSNSでのオンラインプロモーション》
ホル吉のSNSでのオンラインプロモーションチラシ画像はSNSにて情報発信をしていき、転送やフォローを期待!
《ホル吉のオフライン店頭プロモーション》
ホル吉のオフライン店頭プロモーション
みんなの笑顔を見ているだけで和みますね!

まとめ(やはり最強でした!^^)

ブランディングにキャラクターの着ぐるみをプラスすることで、店頭・イベント・展示会などで人々へ心(ハート)にアプローチすることが可能になる。実際に多くの人が、着ぐるみと握手したがったり、写真を撮りたがったりしており、着ぐるみは店頭・イベント・展示会の集客・販売に多いに活躍してくれるアイテムであることは間違いない。特に着ぐるみは子供ののハートをがっちり掴むため、ファミリー層をターゲットとする集客には非常に有効である。また、着ぐるみは企業だけでなく、自治体の地域のマスコットとして地域振興・町おこし等のイベントでも活躍しており自治体との親和性も高いと言えるだろう。今後はより一層IT環境の発達、スマホの普及により情報発信が多様化されることが考えられ、プロモーションの可能性は無限大であることから引き続き着ぐるみはオンライン・オフラインを結び、人々の笑顔を生み出す有効なアイテムになることだろう。

着ぐるみ本舗の強み

ページ:
1 2

3

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る